2011年07月25日

パパ・ママ育休プラス制度とは?

条件厳しくて?「イクメン」奨励金、申請全くなし(朝日新聞より)

育児と仕事を両立する男性「イクメン」を応援しようと、育児休暇を取得した男性に奨励金を出す山形県の事業が今年度から始まっているが、3か月が経過した今も申請が全く寄せられていない。

PR不足も考えられるが、「7勤務日以上の休暇取得」という条件が高いハードルになっているようだ。

奨励金は、7勤務日以上の連続した育児休暇を取得すれば、1か月未満の休暇で5万円、1か月以上で10万円が父親に支給される。

勤務先が、ワークライフバランスに関する研修会に参加していることなども支給条件となっている。

県では、2009年度の男性の育児休暇取得率1・2%から2倍以上になることを算定し、144人分、1050万円の予算を獲得したが、14日現在、申請はまだない。

県子育て支援課の中山順子課長は、「実態として5日以上の休暇を取得できる事業所は、まだまだ少ない。思い切って奨励金を活用してほしい」と訴える。

  問い合わせは、同課(023・630・2668)へ。

続きを読む
posted by 新聞記事の読み方委員会 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料メルマガのご案内
メルマガ購読・解除 ID: 64569
分かりやすい!新聞記事の読み方マガジン
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。