2011年07月16日

公的年金の積立金を運用するのは?

年金運用、10年度は2999億円の赤字 (読売新聞より)

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6日、2010年度の運用で2999億円の赤字が出たと発表した。

単年度の赤字はリーマン・ショックの影響で約9・3兆円の巨額損失を出した08年度以来、2年ぶり。収益率はマイナス0・25%で、国内株式(1兆3342億円減)と外国債券(7167億円減)が低迷したのが主な要因とみられている。

10年度末の運用資産額は、運用損失と年金給付のために取り崩した6兆4505億円などを合わせ、09年度末比6兆5254億円減の116兆3170億円だった。運用を開始した01年度から10年間の累積収益額は11兆3894億円となった。

運用資産の構成割合は国内債券66・59%、国内株式11・53%、外国株式11・26%、外国債券8・11%などとなっている。

続きを読む
posted by 新聞記事の読み方委員会 at 22:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料メルマガのご案内
メルマガ購読・解除 ID: 64569
分かりやすい!新聞記事の読み方マガジン
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。